今日は田植えに行ってきました!

こんばんは、たてちゃんです!
(この記事は3分で読めます。)

今日は大学がたまたま休みだったので、田植えに行ってきました!

たてちゃん、なんで田植えに行ったの?

え?なんで?ってなりますよね?
その反応が普通だと思います。

普通に東京で大学生してたら、田植えをする機会も、する動機が起こることもないですよね~
でも、僕は田植えに行きました!

なぜか。

それは、

・田植えをして、自然の生命力を体で感じるため
・小学生の時に田植えをした感覚を蘇らせるため
・食の大切さを伝える者として、いのちの大切さを感じておくため

などの理由からです。

田植えに参加された方は、30名くらいいらっしゃいました。

みんなで息を合わせて、手植えで植えました。
今どき、機械植えが主流になっているので、手で植えることなんてほとんどないです。

その様子がこちらです!

田植えは「苗たちのデビュー」

この農家さんでは、無農薬かつ手植えでお米を栽培しています。
網本さんと仰います。ご夫婦で稲作をなさっています。

手植えの方法は、こちら!を参考してくださいね。
今回植えた苗のサイズは、一般的なサイズと比べてかなりデカいです。

分かりやすいように、写真を載せておきますね。

(左)一般的な苗(右)今回手植えした苗

手植えで生計を立てていくというのは、
普通の農家さんからすると、

「変人やろ!」
「頭どうかしてるわ。」
「食っていけるのか?」

と感じるくらい、難しいことなのだそうです。

なぜそんな育て方をするのか、網本さんに聞いてみました。

するとこう仰っていました。

「無農薬に拘っているわけじゃないんです。

お米たちにとって1番いい育て方を追求した結果、
自然の生き物すべてが共存できる環境を作った結果、
無農薬栽培にたどり着いたという感じです。

普通ならば、稲が食べられてしまったり、
栄養分が取られて枯れてしまったりして、

雑草や虫を悪いもの扱いしてしまうものなんです。

でもそんな雑草や虫たちも味方にして、自然全部と共存することで、
とっても美味しいお米が獲れるようになったんです。

また田植えというのは、「苗たちのデビュー」なんですよね(笑顔)

だから手で一つ一つ丁寧に植えることは、

・彼らたちのデビューを盛大に祝福すること
・目の前の命を祝福するということ

なんですよね。

そうやって植えられた苗たちは、
雑草、虫、土、空、風など自然全体から祝福されて
いきいきと育ってくれるんです!
田植えをするだけで、パワーをもらえますよ。」

田植え開始!

こんな話を聞いてみて、僕は植える前から早く植えたい気持ちで
いっぱいでした。

「田植え開始〜!」の合図と共にみんな息を合わせて植えていきました。

僕も「よっしゃ!植えるぞ!」という気持ちで田んぼに向かいました。

田んぼに足を踏み入れると、
大地のパワーがスーッと体の中に入ってきて呼吸が深くなり、
心が明るくなり、本当に心地よい気分になりました。

「苗がいきいきしてるね!」
「あぁ、楽しい。ほんと来て良かった〜」

「足が埋まって動けない〜笑」
「なんかなつかしいね。」
とみんな楽しそうに植えていきます。

時間が経つにつれて、みんなの一体感が増してきて、
植えるスピードもどんどん早くなっていきました。

時間が経つことも忘れて、
泥んこになりながら植えてきます。



「ふぅ〜終わった!」

みんなちょっとは疲れているものの、
とってもキラキラした、いい顔をしています。

僕も田植えを終えてみて少し疲れましたが、
本当に心地よい気分になれました。

雑草や虫たちも何もかも、
自然全部が可愛く愛おしく思えてきました。

「僕ってほんと自然の力で生かされているんだなぁ。」
と感じました。

と同時に、

「これ、日本人なら一生に一回は絶対に経験してほしい!」

「お米の大切さを忘れかけている今、
もう一度その大切さを思い出してほしい!」

と強く感じました。

命の根を感謝して頂こう!

「稲(いね)」というのは、
「命(いのち)の根(ね)」という意味があるそうです。

だからお米は「命の源」なんですね。

日本人は昔から、お米をいただくことで、
元気を、パワーを、エネルギーをいただいていたんですね。

「お米を一粒たりとも残さず食べる」ということが、
知らない間に身についているのも、

日本人の心の奥底に、お米を大切にする精神が
眠っているからだと思います。

日本人の精神性の強さとお米文化は強く関係があるそうです。

だからこそ、今一度お米の大切さを出してほしいのです。

そうすれば、お米から元気をいただき、
みんな幸せになれると思うのです。

「お茶碗一杯のごはん」
まずは、目の前のごはんを一口一口味わって
噛み締めながら食べてほしいです。

「あぁ、いのちをいただいているんだなぁ」
とイメージして、感謝しながら食べてほしいです。

僕も、今よりもっともっとお米に感謝して、
1日1日、1食1食、一口一口の食事を噛み締めていきたいと思います。

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。

では、今日はこの辺で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です