映画「美味しいごはん」〜食の大切さを伝える〜

こんにちは、たてちゃんです!

僕は今、ある映画プロジェクトの
運営に関わっています。

映画「美味しいごはん」

「美味しいごはん」という映画です。
(ホームページはこちら!)

この映画では…

  • 食には「つながり」を作る力があって、
    人生を変えてしまうほど力を秘めています。
  • 食の大切さが失われつつある今だからこそ、
    今一度食の大切さを思い出してほしい!
  • 日本から世界を変えていきましょう!

そんな思いが伝えられています。

食で人生が変わるってどうゆうこと?
僕も最初はそう思っていました。

でも、本当に食で人生が変わる人が
次々と現れたんですね。

僕もその一人です。

ここで、映画を作った、
ある飲食店のお話をします。

この飲食店は大阪にあって、
ここのスタッフがこの映画のキャストです。

主演は、このお店の店長さんである
ちこさんという方です。

実はこの飲食店、昔の記事で紹介した
「大学受験塾ミスターステップアップ」
という塾の卒業生が集まって立ち上げたお店なのです。

なんで塾の卒業生がよりにもよって飲食店?
と思われると思います。

その経緯を今から書いていきたいと思います。

たった一つの塩おむすび

すべての始まりは、
この塾の1人の塾長の握ってくれた
「たった一つの塩おむすび」でした。

その塾長は、ことあるごとに
「どうすれば、合格できますか?」
と聞かれていたそうなんですが、

その時にいつも決まって、
こう答えていたそうです、

「ちゃんと、ごはんを食べなさい」と。

でもその「ちゃんと」って、
どうゆうことなんでしょうか?

塾長は、塾生たち一人一人と話しながら、
どんなに勉強しても成績が伸びない原因を
よくよく調べてみたところ、
ある共通点があることが分かったそうなんです。

彼らが毎日食べていたものは、
出来合いのごはんや、
冷凍食品、ファストフードばかりで、

お母さんが愛情を込めて作った
「温かい」料理を食べていなかったり、

両親が共働きで忙しく、
家族みんなで食卓を囲んで
楽しく食べることが少ないってことです。

塾をはじめた当初も、
入塾してくる生徒は、
そもそも勉強する以前の状態で、

やる気も、根気も、
積極性も、集中力も無い。

そんなところからのスタートでしたが、
塾長は、「勉強しなさい!」とは
一言も言わなかったんです。
じゃあ何をしていたかっていうと、

毎日、毎日、
愛情をこめて握った塩おむすびを、
塾生たちがおなかいっぱいに
なるまで振舞っていたんですね。

塾生たちは、
まるで一つの大家族のように、

塾のリビングで我よ我よと、
おむすび争奪戦を繰り広げる日々!

すると、1、2ヶ月後、
とっても不思議なことが起きました。
僕も聞いた時は驚きましたが、

まったく落ち着きがなかった生徒たちが、
2時間、3時間、次第に10時間と、

自ら机に向かい、
勉強するようになったそうなんです。

そして、多くの生徒たちが
それぞれ志望の大学へ合格し、
進学していきました。

このように、

塾長先生が握ってくれた
愛情たっぷりの塩おむすびを通じて、

「あぁ、なんか心が温かくなる…」
「おいしいってこんなに幸せなんだ!」
「パワーが湧いてきたぞ!」

ってなって、塾生たちの人生が
大きく変わったんですね。
なんでおむすび一つでそんなことが
起きるかっていうと、

「つながり」や「きずな」を感じて、
心が愛で満たされるようになったからなんです。

主演のちこさんも、「たった一つの塩おむすび」で
人生が変わった、一人でした。

卒塾生団結!

こうして卒業していった塾生たちが、

「こんなすごい先生のもとで学んだんやったら、
私らにはこれを後世に伝える義務があるんやない?」

「確かにそうや。じゃあやろうや。先生の思いを
次の誰かに伝えようや!」

と思い立ち、この飲食店ができました。

そして、この飲食店ができてから10年後…

大阪に5店舗、東京に1店舗、お店ができました。

そんな中、あるご縁がきっかけで映画まで
作ってしまうことになったんです。

プロジェクトが始まってから、2年以上…。

ネット上でお金を募る「クラウドファウンディング」では、
1000万円以上のお金が集まりした。

撮影に撮影を重ね、夜な夜なミーティングが行われ、

熱い思いを持っていらっしゃる農家さんや料理人さん
にたくさんインタビューをしました。

「僕も協力しますよ!」
「私も私も!」

という人たちがたくさん集まり、
どんどん多くの人を巻き込んで行きました。

そしていよいよ6/30に大阪で
7/7に東京で映画が初上映されます。

その後からは、映画を上映したい人が
自主的に上映会を開くという流れで
進んでいきます。

僕はこの映画を通して、

「今までは全然食べ物のことと
気にしたこと無かったけど、
今は食べることがこんなにも大事
なんだって気づいた!」

とか、

「家族みんなで食卓を囲んで、
会話をしながら食べるって
こんなにも幸せで心が温まるんだ」

とか、

「食べてもらう人に元気になって、
明日も頑張ってもらおう!」

とか、思ってくれる人が一人でも
二人でも多くいてくれると嬉しい限りです。

こんな人を増やしていくのが僕の使命です。
生きがいです。お役目です。

今日もみんなの幸せを祈りながら、
1日を大切に大切に生きたいと思います。

ここまで読んでくださった方、
ありがとうございました。

今日は、この辺で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です