勉強のカギは◯◯化!?

情報の◯◯化とは?

こんにちは、たてちゃんです!

僕は今まで結構、食やライフスタイルについて記事を書いてきました。

で、今日は気分転換に勉強法に関する記事を書いてみようかなって思います。

なんでかっていうと、最近ますます「勉強って大切だな〜」って思うことが増えてきたからです。

僕が受験生の時は、「人生でこんなに勉強するのは今だけだろうな」
って思っていましたが、実際はそんなことありませんでした。

むしろ大学生や社会人の方がもっと勉強しないといけないんだってことに気がつきました。

といっても、受験生のように机に座って
ノートと鉛筆出してガリガリ勉強するというよりは
「生活の全てが勉強」という感じです。

バイトや会社に行って仕事覚えるのも勉強。
誰かのお話を聞くことも勉強。
誰かに何かを教えてあげることも勉強。
一人暮らしして、生活力を付けるのも勉強。

広い意味で何もかもが勉強だと思うんです。

だから僕は日々、

  • どうしたもっと多くのことを吸収できるか
  • もっと効率のいい方法はないのか
  • 学んだことをどうやったら実生活に活かせるのか

を考えています。

で、今日は僕が実際に行っている勉強法についてお話ししていきますね。

それは
「情報の一元化」
についてです。

「なんだそれ?聞いたことないよー」っていう人も多いと思うので、
詳しく話していきます。

一元化とは一言で言うと、「情報を一つにまとめること」です。
例えば、駅でよく見かける電車の路線図は、1枚にまとまってますよね。
こんな風に!

これが途中で途切れて2ページや3ページに
なってたら見にくくてしょうがないと思います。

で、今スタバに来ているのですが、
スタバのメニュー表は1ページにまとまってました。

これも2ページや3ページに渡ってメニューが書かれていたら
メニューを決めるのに時間がかかり
回転率が悪くなり売上が落ちる原因になると思います。

以上の例のように、情報を一箇所にまとめて整理することを
一元化と言います。

さらに、情報だけでなく「モノ」も一元化することが大切だと思います。

例えば、家の中を見渡してみると、当たり前のことですが
キッチンで使うモノはキッチンにあり、
お風呂で使うモノはお風呂にあると思います。

じゃあ、仮にフライパンがトイレにあったり、
シャンプーがキッチンに置いてあったら、

「メンドイ!探すのに時間かかるわ!」
ってなりますよね。

だから、整理整頓されている家っていうのは
モノがあるべき場所に一元化されている家なんです。

で、話を戻して僕が今日言いたいのは、
「情報を一元化すれば勉強のスピードが格段に上がる」
ということです。

たてちゃん
ほんとにリアルガチで上がります!

僕が大学受験の勉強をしていた時は、情報の整理に困り、
数学の2次関数を勉強しようと思っても探すのに時間がかかったり、

英文法のプリントが一つにまとまってなかったりして、
勉強の効率があまりよくありませんでした。

受験生の時にちゃんと一元化やってれば良かった!ってめっちゃ思ってます。

でも、なんで一元化があまり上手くいかなかったのかというと、
プリント類で溢れかえっていたからだと思います。

要は、紙媒体で溢れかえっていたということです。だからこそ、整理出来なかったとも言えます。

なので、僕がオススメしたいのは
「紙媒体の情報は電子化・データ化する」ということです。

僕が小中学生の頃は考えられませんでしたが、
最近の小中学生はiPadに、テキストを電子化した情報を入れ、
ノートもiPadで取るなんてことがチラホラ起きています。

宿題も大学のレポート提出のように、メールで提出する学校もあるそうです。

近い将来、毎日毎日教科書がパンパンに詰まった重いカバンを持って学校に行くことは無くなり、
iPadを片手に手軽に学校に行ける日が来るかもしれません。

要はそうやって必要な情報を「電子デバイスに一元化する」ことで、
知りたい時に知りたい情報をパパッと知ることができるってことです。

電子化&一元化のメリットは?

では、電子化&一元化のメリットとは具体的に何なのでしょうか?

情報の整理ができる

何と言っても、一番のメリットは
整理ができるっていうことです。

家の例でも言いましたが、使いたい時にささっと使えないと
探すのに時間が取られますよね。
それだけで時間の無駄になってしまうんです。

それは情報も同じで、あれ知りたい!
と思った時にささっと知りたい情報を取り出せないと時間の無駄なんです。

受験生の場合は整理整頓ができていないと時間の無駄が重なり
不合格になってしまうかもしれません。

そしてやはり、紙媒体の情報より電子化された情報の方がラクです。
紙がかさを取らない分、時間を節約できるだけでなくスペースも節約できます。

つまり、情報を電子化し一元化することで、
「時間とスペースの節約」になるということです。

でも、これは勉強に限った話ではなくて、
スマホに色んなアプリを入れて一括管理するのも一緒です。

まだスマホが登場せず、ガラケーだった時代、
ガラケーの役目は主にメールと電話だけでした。

でもスマホが登場して
何でもかんでもスマホでできるようなりました。

例えば、スケジュール管理やネット検索や通販や
綺麗な写真を撮ることや音楽を気軽に聴くこと、
あげればほんとにきりがないです。

今までパソコンでしかできなかったことも
スマホはやってのけます!

たてちゃん
スマホ恐るべし!!

こうやってスマホで色んなことを一括管理することで、
スケジュール帳を持ち歩かなくても済むし、
パソコンを持ち歩く回数が減るし、
いいこと尽くしなんです。

僕もLifeBearというアプリでスケジュールを管理してます。

昔は紙のおしゃれスケジュール帳に憧れてトライしてみたんですが、全然管理できず続きませんでした。

でも、LifeBearは完全に使いこなしてます笑
良かったら使ってみてください。

復習がしやすくなる

で、次に伝えたいのが復習のしやすさです。

復習というと勉強っぽくなってしまいがちなので、もっと広義に捉えて「再確認」としておきます。

電子化&一元化することで、「いつでもどこでも素早く」復習ができるんです。

例えば、電車に乗っててあと3分で降ります!って時でもスマホだとパパっと必要な情報にアクセスして復習が出来ますが、

紙媒体に必要な情報が載っていると、カバンから取り出して探している間に電車を降りる時間になるかもしれません。

そんなちょっとしたスキマ時間でも、紙媒体と電子媒体で差が付くのです。

「塵も積もれば山となる」といいますが、これもまさにそうで、
情報を電子化&一元化することでちょっとしたスキマ時間の勉強も絶大な成長に繋がります。

他にも、スケジュールを確認したい時は紙媒体だと取り出すのに時間がかかるかもしれませんが、
僕のようにスマホで一括管理してると、
素早くアプリを開いて、再確認や加筆・修正ができると思います。

そうすることで、情報の漏れや勘違いも防ぐことができます。

「復習がしやすい」
これもかなり大きなメリットだと思いますよ。

たてちゃんオススメのアプリ

ここで僕が使っているオススメのアプリを紹介します。「Evernote」というアプリです。

Evernote愛用歴4年の矢野ちゃんに紹介してもらいました。僕はほとんどの情報をこのアプリで管理しています。

簡単に言うと、メモアプリです。
ほんとにこのアプリ、やりますよ!凄腕です!
では、使える機能について説明していきます。

メモ機能

まずは、「メモ機能」です。
メモ機能というと、何かをメモっておくことを想像されると思いますが、それだけではないんです。

音声やPDFや写真、添付ファイルなども同様に保存できるんです。

中でも僕が最近愛用し始めたのは、音声録音機能です。Evernote内で気軽に音声を録ることができるのです。

例えば、今いちいち文字打っている時間ない時とか、記憶に新しい内に正確に記録に残して起きたい時などに活躍してくれます。

また後で再確認する時にも、音声だと耳にイヤホン付けて聞くだけなので非常に便利です。あ、ちなみに僕はスマホにEvernoteを入れて音声を聞いています。

同期機能

さらに、複数端末で同じアカウントを使うことができるんです。 いわゆる「同期機能」です。

これがあることによって、例えばパソコンでメモしたものを、スマホで復習することができるのです。

家にいる時はパソコンで見て、外出した時はスマホで見ることで、「いつでもどこでも素早く」復習・再確認することができます。

そうすることで、かなり勉強効率がアップしますよ。

よく、オレは紙媒体派だ!という人がいますが、やはり電子媒体がオススメです。

僕も昔は紙媒体派でしたが、いちいち持ち歩くのに困ったり、同じものが複数あるわけじゃないので失くした時に困ったりして、

「いつでもどこでも素早く」が実現できなかったのです。

なので、電子化するのをオススメします。

共有機能

後、僕が感謝感激している機能が「共有機能」です。

自分でメモったものを友人とシェアし合うことができます。

メモ1つ1つを指定してシェアすることも出来るのですが、凄いのはいくつかのメモをまとめたノートブックをまるごと共有できるという点です。
そして共有したノートブックにも同期機能が付いている点です。

例えば、僕がAというノートブックに、No.1、No.2、No.3というメモを保存しているとします。
そしてそれを太郎くんに共有したとすると、太郎くんはAの中のNo.1、No.2、No.3を見れるようになります。

さらに、僕が新たにNo.4を追加したとすると、その瞬間太郎くんに共有したAが更新され、同期されて、
No.4も閲覧できるようになるのです。

つまりノートブックごと共有してしまえば、新たなメモを作るたびにいちいち指定して共有する手間が省けるのです。

Webclipper

これは Evernote使用者でも使ってない人が多いのですが、
ぜひ使ってみてほしい機能です。こちらから飛べます。

これも最近矢野ちゃんに教えてもらいました。

どういう機能かというと、ブログやWebページを「その状態のままローカルで保存する」ことができるんです。

そのままの状態で、かつローカルで保存できるってのがポイントです。

例えば、保存しておきたいページがあった時、その文章をコピペすると、
写真や文字の表示がおかしくなったり、見にくくなったりすることが多いです。

しかし、このアプリを使えばネットで閲覧しているのと同じ状態のまま保存できます。
しかも、ローカルで!です。つまりオフラインでも見れるのです。

さらにすごいところは、
期間限定で公開されているウェブページや、消去されてしまったウェブページをも保存した時の状態で見続けることができるんです。つまり、リンク切れを起こさないってことです。

使用方法はとってもシンプルで、
Google Chromeの拡張機能として登録し、
↓の画像にあるように、右上にボタンが現れるので、
そのボタンを押すだけで簡単に保存できます。
今見てもらっているこのページも保存することができます。

終わりに・・・

僕は、成長し続けるには「学び続ける」ことが絶対必要だなって思います。

恩師に今でも言われる、ある言葉があります。
「頭ではなく体で覚えろ」という言葉です。

例えば、車の運転。
免許とりたての頃は、教科書で習った知識を頭で考え、頭で運転します。
でも、運転の経験を積んで慣れてくると、運転する感覚を体が覚えて、
頭で深く考えすぎなくても体が覚えているので、体で運転できるようになります。

他にも、タイピング。

僕は今、キーボードは見ずにブラインドタッチで文字を入力しているのですが、
「た」を入力するには、左手人差し指でTを押して左手小指でAを押すんだな!
とか全く考えずに、無意識で入力できます。

これも、「頭ではなく体で覚えている」からだと思います。

何事でも初めの頃、慣れない頃は頭で考え、頭を悩ませ、
だんだん体に落とし込んでいくんだと思います。

じゃあ、体で覚えるにはどうしたらいいのかっていうと、
「思考と実践を繰り返す」ことだと思います。

習ったことを実際にやってみる。
すると、自分なりの気づきがあるので、それをまた頭で考える。
そして、またやってみる。

これを繰り返していけば体に覚えさせることができるんと思うんです。

繰り返すためには復習が必要です。
そのためにはやっぱり一元化をして復習の効率を上げることが必要だと思います。

だから僕は一元化をとっても大切にしています。

みなさんもぜひ、やってみてくださいね。
これからも少しずつ、勉強法に関する記事も出していきたいと思いますので、読んでいただけると嬉しいです。
では、この辺で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です