映画「カメラを止めるな!」から学ぶ

前半は腹しか立ちません!

こんにちは、正伍です。
今日は朝っぱらから矢野ちゃんと
「カメラを止めるな!」という映画を見に行ってきました。

僕の周りの人は口を揃えて
オススメだよ!って仰っていたので、
折角なら見にいこうと思って行ってきました。

世間では、「めっちゃ面白い!」「最高!」と言われたり、
一方で、「ゴミ映画や!」「イライラする!」と言われたりしています。

でも僕的には、とっても面白くて
大爆笑してお腹が痛かったです笑

↑に書いてある通り、
この映画は二度始まります!

ここから先はネタバレになってしまうので、
まだ見ていない人はこのページを閉じて
今すぐ映画館に行ってください笑

むしろネタバレしてから行く!
っていうのもありかと思います。
それはそれで面白いと思います。

で、この映画は一言で言うと、
「ゾンビ映画を撮ろうと思って映画撮影をしていたら、
ガチなゾンビが現れてまじパニック!っていう設定の映画」
を作るという設定のコメディー映画です!

たてちゃん
とってもややこしいですww
だから、ゾンビ映画をA、
ゾンビ映画を撮影している人たちを撮影した映画をB、とします。

前半のワンカット37分間は完全にホラー映画です。
つまりカメラを1度も止めずにワンカメで撮影ということ。

前半が終わった時、エンドロールが流れるので、
「えっ!もう終わり!?」ってなります。

でも後半にその37分間の映像を
どうやって作ったかという背景が描かれています。

この映画、前半でほとんどの人が
違和感、イライラを覚えます。

僕が観ていた時も会場全体が
イライラするwという空気をしていました。

というのも、前半は不自然なところ満載で、
ツッコミどころ満載なんです。

例えば、

  • Aを撮っている監督(この監督はBの俳優)
    周りの女優や俳優に向かって必要以上にブチ切れる
  • 女優、俳優たちの会話があまりにも弾まない
  • 坊主の俳優が隅っこでずっと黙っている
  • まるで時間稼ぎをするかのように
    同じセリフを何度も言っている
  • 斧で殺されたはずの女優が突然立ち上がるも
    わぁー!という声に驚いて再び死ぬ
  • ドローンで上空から撮影しているシーンのはずが映像がブレブレ

というように、んんっ!っと首を傾げたくなるようなシーンばかりなのです。

だから観客はみんなイライラします。モヤモヤが止まりません。
IQサプリでいう、モヤットボールを投げたくなります←古い笑

たてちゃん
モヤっとーー!

後半で綺麗さっぱりする!

でもこのイライラ、モヤモヤは後半に綺麗さっぱり解消されるのです。

なぜ解消されるのか。
一言で言うと、
「Bの撮影の背景が分かるから」です。

Bの撮影は先ほども行った通り、ワンカット撮影です。
さらに、生放送という設定なのでぶっつけ本番です。

つまり、失敗しようが台本通りいかなかろうがカメラは止めません。
まさにこれが、「カメラを止めるな!」という題名たる所以です。

後半では、Bの撮影風景が伝えられています。
ゾンビ映画を撮影している人たちを撮影している風景を撮影しています。

たてちゃん
あぁ、ややこしいwww

だから、Bに出演している人たちだけでなく、
Bを撮影しているスタッフさんや監督、
それを支える人たちも映っています。

で、先ほど例に挙げたモヤモヤポイントなんですけど、
全部後半で理由がハッキリします。

  • Aを撮っている監督(この監督はBの俳優)
    周りの女優や俳優に向かって必要以上にブチ切れる

→この監督は打ち合わせの時に女優や俳優たちと確執があり、
溜まった鬱憤を撮影中に晴らした

  • 女優、俳優たちの会話があまりにも弾まない

→トラブルにより台本が撮影中に急遽変更になったから
アドリブで会話をしないといけなくなった

  • 坊主の俳優が隅っこでずっと黙っている

→硬水を飲んで腹を壊して喋れなかった笑

  • まるで時間稼ぎをするかのように
    同じセリフを何度も言っている

→次のシーンの準備ができていなかったから、
時間稼ぎをしていた

  • 斧で殺されたはずの女優が突然立ち上がるも
    わぁー!という声に驚いて再び死ぬ

→この女優さんは演技に
熱が入りすぎて暴走し始めたので、

斧が頭に刺さって殺されたという設定にして
スタッフさんが軽く首を絞めて気を失わせたが、

意識を取り戻し突然立ち上がったところ、
死んだふりをしないといけない
という空気に気づき再び死んだ

  • ドローンで上空から撮影しているシーンのはずが映像がブレブレ

→撮影に必要な器具を壊してしまい、どうしようもなくなったので、
組体操でピラミッドを作りその上に乗って撮影した

こんな風に違和感を感じたポイントの背景には、
全部きちんと理由があったんです。

文章では伝えるのが難しいですが、この背景が
とっても面白くて大爆笑のポイントなんです!

こんなのほんの一部で、もっと面白いポイントが
もっとたくさんあります!

会場全体は前半とは一変して、
大爆笑です!
僕も声を出して笑いました。

背景を知ったら日常が変わる!?

で、今回僕が注目したいのは
「裏側、背景を知る」ということです。

前半ではほんとに違和感しかなかったですが、
これは物事全体のある一部分が切り取られて伝えられたと言えます。

でも、前半の映像がどうやって作られたのか?
という背景を知ることで違和感は吹き飛びました。
吹き飛んだどころか、面白すぎて大満足でした。

この背景を知らずに、前半だけで映画が終わっていたら
僕らはムカついたまま帰ることになってしまうんです。

これを日常生活に落とし込んで考えてみると、
いろんなことが言えます。

これは僕の実体験なのですが、以前
電車に乗って普通に席に座っていたら、

少し肘が当たっただけなのに隣のおっさんが
「おい、なんやねん!謝れや!」と言ってきました。

そう言われる前に謝ったのにも関わらずです。

表面的に見ると、ただのキレ症でウザいおっさんやろってなりますが、
そのおっさんの持つ「裏側、背景」を見てあげるとこんなことが言えます。

彼は今朝起きたら、奥さんが離婚届を置いたまま家出したのかもしれない。
とっても信頼していた人に裏切られたのかもしれない。
財布を落としてめちゃくちゃイライラしていたのかもしれない。

いろんなことが考えられるんです。

これが事実がどうかは置いておいて、
こうやって背景を知らずに表面的なことだけを
見てしまうことで起きるトラブルってとっても多いと思うんです。

だからまずは、
相手に興味を持って背景を知ろうとする
ということが大切だと思うのです。

いつも言っていますが、人だけでなくモノに関しても同じだと思います。

例えば食材に関して言うと、
今僕の目の前にあるニンジンは、

農家さんが種を植え、様々な苦労を経て育てて収穫し、
それを卸業者に売り、さらにそれをスーパーが入荷して店頭に並べられ、
それを僕が購入して、今ここにある。

こうゆうことを考えてみるだけで、
食べ物の有り難さが何十倍もよく分かります。

僕は食材の背景を考えてみたときに、
普段何も考えずただの物質として見ていたことが恥ずかしくなりました。

とにかく人でもモノでも何でも同じです。
背景を考えてあげることが大事です。

世間で伝えられている情報は、
都合のいい部分だけが切り取られて伝えられていたりします。
逆に自分にとって都合のいいように切り取って捉えてしまいがちです。

でも、それはあくまで「全体の一部」です。
氷山の一角です。表面の皮一枚です。

裏側、背景にはまだまだたくさん
見えていないことがたくさんあるんだと思います。

背景を知るまではなんとも思わなかったことも、
背景を知れば何か大切なことに気づくこともあります。

確執のあった人とも打ち解けあえるかもしれないし、
粗末に扱っていたモノも大切に扱うようになるかもしれません。

背景を見るっていっても、悪いように解釈しても仕方がないので、
物事の奥に隠されたいいものを見るイメージです。

言ってみれば「光を見る」イメージです。
奥底で輝いている何かを見つけてあげるような感じです。

そうやって背景にある光を知ることで、
人生ってパッて明るくなると思うんです。

絶対見える日常が変わると思います!
ぜひやってみてほしいです。

そして映画はぜひご自分の目で確かめに行って欲しいです。
僕の説明じゃ意味わかんないところもあると思うので。

ぜひぜひ。

映画に関して、他にも言いたいこといっぱいあるので
また別の記事で書いていきます!

では、今日はこの辺で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です